土地に関する質問

Q.建築条件付き土地って何ですか?

回答

A.その土地が欲しければ、売り主の"条件”を必ず飲むべし!

建築条件付きの土地とは、その名の通り、(その土地に)家を建築する際の条件が付いている、という土地のこと。つまり、その土地を購入するには、売り主の条件を必ず飲まねば買うことができないということになります。

その建築条件とは、ずばり2つ。

1.決まった建築会社で家を建てること

2. 土地売買契約後、一定期間内にその建築会社と請負契約を結ぶこと

1.の決まった建築会社とは、売り主自身ということもあれば、売り主が決めた指定業者というパターンもあります。また、2.の一定期間内とは、土地ごとにその期間は異なるものの、土地の売買契約を結んでから3ヶ月以内というのが一般的です。

つまり、

土地を買う

(約3ヶ月以内に)指定建築業者と相談しながら家の間取り、仕様などをほぼ決める建築業者と契約

着工

というイメージです。このようなパターンで建った家のことを、「売建住宅とも呼びます。

メリットは、

・建築までスムーズに進められること

・建売住宅と違い、ある程度設計に自由度があること ※一定の制限内から選ぶことが多い

 

デメリットは、

・じっくり検討する余裕はなく、完全自由設計ではないこと(3ヶ月で間取り、仕様決めはかなり厳しい!)

・建築会社を比較(相見積もり)できないため、費用の検討ができないこと

好きな建築会社や工務店を選べないこと

などです。

その土地には惚れたが「建築条件付き」だった、という方は、

これらのメリット・デメリットを参考に、ぜひ「自分はその条件を守れるか?」を考えて購入を検討してみましょう。

また、この条件を外せる土地もあります(その分割高になってしまうことも)。

諦める前に、一度売り主に相談してみましょう。

 

土地探しについてはコチラもチェック! https://sokenkobo-en.co.jp/column/13747/

 

もっと聞きたい、勉強したい方は 「家づくり寺子屋」 https://sokenkobo-en.co.jp/terakoya-top/


モデルハウス

電話する

資料請求